ラクハルノ

旧ブログ名【桜と咲の国立中学受検】40代主婦・母。長女は国立中学生、次女は2022年国立中学受検予定。子育て、国立 中学受験、教育、お得情報、節約、100均、時短家事・料理、ダイエット、健康、美容、暮らし全般のことを綴ります。

毎朝お白湯で健康ダイエット♪冷え性改善免疫力UP便秘解消美肌に

こんにちは。はるの🌸です。
 
 
朝はお弁当作りや朝食作りに
 
 
追われていますが、
 
 
お白湯を飲んでスタートします。
 
 
f:id:sakura2020saki:20200914125413j:plain
 

 

お白湯の効果・効能

 

免疫力UP

 

 お白湯を飲むことで体の芯から

 

温まり免疫力が上がる。

 

体温が1度上がると、

 

免疫力は5~6倍にも

 

なると言われています。

 

 

 冷え性改善

 

冷え性な女性は多いですよね。
 
 
お白湯を飲むことで体が温まって
 
 
冷え性改善に。
 
 

肩凝り・腰痛の緩和

 

体が冷えると血の巡りも悪くなり、

 

 

肩凝りや腰痛の原因に。

 

 

お白湯を飲むと

 

 

体が温まって血のめぐりがよくなり、

 

 

肩こりや腰痛などの改善に。

 

 

便秘解消

 

便秘な人にもお白湯はおすすめ。

 

 

お白湯を飲むことで内臓が温められて

 

 

腸の動きが活発になり、

 

 

消化力がアップするため、

 

 

便秘解消に。

 

 

ダイエット効果

 

内臓が温まると

 

基礎代謝があがり、

 

脂肪が燃焼しやすくなる。

 

また、血液やリンパの流れが

 

よくなることで、

 

体内の余分な水分を尿として

 

排出できるため、

 

むくみ防止にも!

 

 

美肌効果

 
 体内の老廃物を排出することで
 
 
腸もキレイになり、
 
 
美肌につながる。
 
 
 
お白湯の作り方
 
(1)やかんor鍋にお水を入れ、蓋をして火にかける
 

(2)沸騰したら蓋をとり、そのまま沸かし続ける
 

(3)10~15分ほど沸かせば完成!
 
 
*作り方のポイント*
 
 

沸かし直しはNGとされているので、

 

 

私は朝に多めに作って

 

 

保温ポットに入れてますよ。

 

 

適正温度は50度前後なので

 

 

 カップに入れ、人肌より
 
 
少し高めの温度くらいで飲みます。

 

飲む量は1日に700~800mlを目安に

 
摂りすぎるとむくみの原因になるそうです。
 

少しずつ時間をかけて飲む

 

飲む際は、一気にゴクゴク飲むのではなく、

 

ふうふうしながら少しずつ飲むこと。

 

 

飲むタイミングですが、朝一番がオススメ

 

その後は食間や食中、

 

 

好きなタイミングでいいですよ~。

 

 

ただ 食後30分の間だけは避けた方がいいそうです。
 
 
胃に水分が多く入りすぎ
 
 
消化を遅らせてしまうためだそうです。
 
 
 
 「茶釜と炉」の写真
 
 
 

お白湯アレンジ!

①「はちみつレモンお白湯」

 
私は、お白湯のままで
 
 
毎日飲むことが多いですが、
 
 
ちょっと風邪が流行ってきているなとか
 
 
子供達が風邪気味かなっていうときに、
 

「はちみつレモンお白湯」

 

を作ります。

 

レモンがなければ、

 

簡単にポッカレモン等を入れます!

 

手軽で美味しい!!

 

本来、めんどくさがり屋なので

 

簡単に美味しいがうれしい。

 
 

②「オリーブオイルお白湯」

 

便秘が気になる時におすすめ。

 

 

白湯にオイル!?と私もはじめは思いました笑

 

 

でも意外に私は大丈夫でした!

 

 

ダメな方もいるかもですので、

 

 

少ない量で一度お試しを。

 

 

オリーブオイルを入れることで

 

 

腸の動きが活発になりお白湯だけより

 

 

効果UPだそうです。

 


カップ1杯に対して、

 

オリーブオイルは小さじ1杯程度が目安。

 

冷めてしまうとオイルの膜が張ってしまい

 

 

飲みづらくなってしまうので、

 

 

できるだけ温かいうちに飲んでくださいね。